利用する目的を明確にし気をつけることを理解することができます

サイトメニュー

支援制度を使う方法

悩む男性 多くの人がなるうつ病は悪化してしまうと仕事をするのも難しくなりますが、障害年金を利用すれば生活費を得られます。支援制度を使うためには最初に医師に相談する必要がありますが、書類などを用意できれば申請手続きを行えます。

詳しく見る

心の病気で年金をもらおう

医者 うつ病に悩んでいて仕事を続けるのが難しいのなら、障害年金をもらうことを考えましょう。通っている医療機関で診断書を書いてもらい、サポートサービスを使って申請すれば、障害年金を受給できるようになって生活が楽になります。

詳しく見る

悩む前に知識をつける

医者 うつ病になって障害年金をもらう場合は、それぞれ等級があります。等級によって、もらえる額が異なるでしょう。等級を決めるにあたり、診断書の内容が重要になってきます。診断書の内容は、正しい内容が記載されていることが大事です。

詳しく見る

病気になってしまったら

悩む男性

利用する目的や気をつけることは何か

会社員がうつ病になってしまった場合には、障害年金を受けることが可能になります。障害年金は、国民年金などと同じように年金機構がお金を払ってくれるのが特徴になります。よく似た、傷病手当とは少し形が異なるでしょう。傷病手当の場合は、1年半しかもらえないというように期限が決められていますが、障害年金の場合は特に期限が定められていません。そのため、うつ病が治るまでの間は貰い続けることが可能になります。うつ病になり会社を休んでいる状態では、生活することができませんので、年金に頼らざるを得ない部分もあるでしょう。およそ、毎年6万円から7万円程度しかもらうことができませんので、最低限の生活をすることができるだけです。ですが、全くもらない時に比べればはるかに生活が楽になり、これが利用する目的と言っても過言ではありません。活用方法としては、ふつう長期的に会社を休んだ場合にもらうことができますが、実は長期的に会社を休んでいなくてももらうことが可能です。この点に関しては、明確な基準はないものの、実質的に仕事ができない状態なのに会社に行っている場合にはもらえる可能性が高いと言えるでしょう。しかし、うつ病自体が大したことがない状態だともらえない可能性も高まります。子供がいる場合などは、障害年金を活用してみてもよいでしょう。1級から2級の場合には子供の分までもらうことが可能になるでしょう。子供が二人いる場合には、子供二人分のお金をもらうことが可能になります。配偶者がいる場合は、厚生年金に加入している場合のみもらうことが可能です。

もし、うつ病になってなかなか会社に行くことができなかったり、会社を辞めてしまった場合には障害年金をもらうことができますが、この時気をつけておくべきことはなんでしょうか。気をつけるべきことの一つは、どの等級に認定されるかです。1級の場合には1年間で80万円以上もらうことができるものの、完全に自分で生活することができない状態になっていることが条件の一つになります。1級認定された場合には、毎月もらえる額は7万円程度ですが、子供がいる場合にはその分加算されます。厚生年金に加入している場合、配偶者の分ももらうことが可能です。ただし、配偶者の場合には配偶者自身が働いている場合全額もらえない可能性もありますので注意しましょう。一方で、国民年金に加入している場合は配偶者の分をもらうことはできません。これは、2級の場合でも同様になります。ちなみに、2級は自分自身で生活をすることができないほどではないにしても、生活をすることが困難な場合です。例えば、自分一人で会社に行くことができてもそこで仕事をすることができなかったり、行動に制限がかかっている場合です。もちろん行動を制限しているのは自分自身ですが、うつ病の状態のときには自分自身をコントロールすることができにくいため、仕方がないとも言えます。3級になると、国民年金に加入している人は障害年金をもらうことができません。一方で、厚生年金に加入している場合にはもらうことは可能になります。ただし、子供や配偶者がいたとしてもその部分の年金をもらうことは不可能になりますので気をつけておきましょう。