利用する目的を明確にし気をつけることを理解することができます

サイトメニュー

悩む前に知識をつける

医者

その種類や特徴を理解しておこう

最近は、生活環境や食べ物の影響そして不景気の影響により様々な病気が出てきました。特に注目されているのは、うつ病患者が増えたことです。これは、人間が精神的に弱くなったことよりも、やはり生きていく中での環境が関係すると言われています。うつ病になった場合には、社会人ならば会社に通うのが辛くなってくるでしょう。大抵の場合には、仕事関係でうつ病になることが多くなりますので、毎日会社に通えるとは限りません。それでも会社に通う人がいるかもしれませんが、本格的に辛い状態になってしまうとほとんど会社に通うことができなかったり、会社を辞めざるを得ない場合も考えられます。この場合には、うつ病で障害年金をもらうことが可能になるでしょう。障害年金の特徴を見ていくと、まず等級が3種類あります。1級から3級まであり、それぞれに応じて条件が異なることを理解しておくべきです。例えば、1級の場合は普通に生活をするのも難しいような状態になります。つまり、生活をするにあたり他の人の手助けがないと生活できない場合です。かなりの重度ですので、会社に行く事はほぼ不可能になるでしょう。2級は、完全な介護状態では無いものの、人の手助けを多少必要としている場合です。この場合にも障害年金をもらうことが可能になります。3級になると、人の手助けを必要でないものの、病気の前のような生活を送ることができない場合です。3級と認定された場合に注意しておきたいのは、厚生年金をもらっている場合は障害年金をもらうことができますが、そうでなければもらうことができません。

うつ病と診断された場合、障害年金をもらうにしてもいくつかの条件が必要になります。どのような手続きが必要になるかと言えば、1番重要になるのが医者が書いてくれる診断書です。この診断書を国に提出しなければ年金をもらうことができません。ちなみに、障害年金と似たようなものに傷病手当と呼ばれるものがあります。この違いは、傷病手当が給料の3分の2程度のお金がもらえて、1年半の間しかもらえないのに対して、障害年金の場合には8万円から12万円程度しかもらえない代わりに、うつ病にかかっている間は長期的にもらうことができることです。つまりうつ病の状態の時は1年半を超えてもらうことができるのが特徴です。これはある意味、メリットと言っても良いかもしれません。障害年金をもらうにあたり、うつ病の診断書が必要ですが病院によっては診断書を書くことに対して積極的でないところもありますので診断書を書いてくれるところを選ぶのが良いです。診断書を書いてもらうときの注意点ですが、事実に反した内容になってしまう場合には否認されてしまい障害年金をもらうことができない可能性があります。事実に反するとは、実際に病気が軽いのに重い内容の診断書が書かれていたり、逆に病気は重いのに軽い病状の内容で作成されている場合です。ちなみに等級は、書かれている診断書の内容によって国の方で判断するのが基本になります。たくさんお金をもらいたいからといって、わざと重い状態の診断書を作成しようとする人もいますが、そこは正直に申告をしておくべきです。そのほうが、結果的に年金をもらうことができるでしょう。