利用する目的を明確にし気をつけることを理解することができます

サイトメニュー

心の病気で年金をもらおう

医者

医療機関とサポートサービスを活用しよう

軽いうつ病ならば、薬でコントロールすることができるので、働きながら治療が可能なケースも多いです。しかし、重いうつ病となってしまうと、日常生活にも大きな悪影響を及ぼすため、仕事をしながら治療するのは難しいといえるでしょう。しかし、働かなければ生活費も治療費も払えないのなら、仕事を休むことはできません。それでは、うつ病をしっかりと治して、健全な心を取り戻すのはずいぶんと先になってしまうでしょう。もしも、いち早く症状を改善したいのなら、障害年金を支給してもらうことも考えましょう。障害年金を利用すれば、決まったお金をもらえるようになるため、仕事をしないでも生活費や治療費の心配をしないで済むようになります。なお、かなりの重いうつ病を患っていたとしても、自分から申請しない限り障害年金は受け取ることはできません。そのため、悩んでいるのなら、障害年金の申請を手伝ってくれる専門家への相談をおすすめします。申請を受理してもらうのは難しいといわれていますが、専門家ならばそれを踏まえてくれた上でのサポートをしてくれるため、受け取れるようになる確率を高められます。無料の電話相談窓口を設置している専門家も多いので、まずはそちらから連絡を取って、サポートして欲しいことを伝えましょう。ただし、障害年金を受け取りたいのなら、病気を診察してもらっている、心療内科や精神科との関係が大切になります。治療を受けている医療機関との関係が上手くいっていないと、申請を受理してもらうのが難しくなるので気をつけましょう。

障害年金を受け取るためには、うつ病と診断されてから、1年と6ヶ月が過ぎていなければいけません。もちろん、自己申告で診断日を伝えても、何の証明にもならないため、心療内科や精神科のドクターの診断書が必要になります。医療機関を利用した領収書や、もらっている薬でもうつ病であることを証明できると考えるかもしれませんが、診断書でなければいけないのでドクターに書いてもらいましょう。なお、診断書を書いてもらう料金は、数千円で済むところもありますし、1万円以上かかってしまう場合もあります。診断書の費用は医療機関が自由に決められるため、質問してみなければ、正確な金額を知ることはできません。医療機関のドクターではなく、看護師などのスタッフに聞けば教えてくれるので、心配ならば診断書を頼む前に確認しておきましょう。ただ、その日のうちに発行してもらえるとは限らないので、渡してもらえる日についても確認しておいたほうがよいです。ちなみに、障害年金の申請をサポートしてくれるサービスの利用料金は、完全報酬と呼ばれるタイプのところも多いです。完全報酬タイプは簡単にいうと、申請に失敗すれば費用がまったくかからないシステムになっているので、お金がない方でも頼みやすいといえるでしょう。もちろん、着手金もゼロ円なので、頼むだけならば料金は発生しません。もちろん、成功した場合に支払う金額は、前もって教えてもらえるため、確認した上で仕事の依頼をしましょう。サポートが成功して、無事に障害年金を受け取れたのなら、それを支払いの費用に充てられます。